ご存知の通り「いちご鼻」とは、お鼻の毛穴に皮脂や角質、化粧残りなどがたまり角栓もなったものが酸化して黒ずんでしまった状態のお鼻です。
ついついクレンジングでゴシゴシ、洗顔でゴシゴシしがちですが、「ゴシゴシ」してしまうのは一番お肌に悪く毛穴を広げる原因になります。

高価な商品を買う前に、まずは簡単お手軽な洗顔方法を変えるだけの「いちご鼻」ケアを試してはいかがでしょうか。

 

 

1.クレンジングを見直す

例えばとても使い勝手の良い、手が水で濡れていても使えるクレンジング剤や拭き取るタイプなどは肌に対し刺激が強すぎるので使用を控えた方が良さそうです。
おすすめはオイルタイプやクリームタイプの植物性クレンジング剤です。
しっかりメイクも優しく落とせます。ですがゴシゴシこするのは厳禁です。優しく撫でるように落とします。

 

 

2.洗顔は泡で洗う

ついつい洗顔時もゴシゴシと洗ってしまいがちですが、泡立てネットなどを使ってモッチリ泡を作り、手は顔につけず泡のみ顔に当たるように優しく洗います。洗顔料ではなく固形石鹸の方が肌に優しく、モッチリとした泡が作りやすいです。

汚れの吸着力のある炭や泥など配合された石鹸の方がより効果を実感できるかもしれませんが、ご自身のお肌にあった低刺激な石鹸や現在お使いの石鹸でモッチリ泡を作り洗えば効果は十分です。
時間のある時には泡を顔に乗せたまま30秒から1分の「泡パック」もおすすめです。

 

3.毛穴パックの代わりにワセリンパック

毛穴パックは毛穴の周りの角質を硬くしたり、無理やり引っこ抜いた角栓のため毛穴が広がってしまい、逆に汚れがドンドンたまりやすい状態になってしまい悪循環です。
そこでネット上で話題の「ワセリンパック」がおすすめです。
ワセリンは産まれてすぐの赤ちゃんにも使用できるほどの低刺激な保湿剤です。
パックの仕方は簡単、「ワセリンをお鼻の周りに塗り時間をおいて洗い流す」だけです。

 

厚塗りする必要はなく、薄く塗れば十分です。ワセリンの油が皮脂を溶かしてくれます。塗ってる時間は長い方がいいので寝ている間が一番効率が良さそうです。ただペタペタしますので寝具に付かないような対策が必要です。
エアコンを使用する頻度の高い夏や冬場では乾燥対策として顔全体に塗るのも良いです。
時間をおいた後は泡洗顔でスッキリです。

 

 

4.水分補給

毛穴の汚れが取れたということは毛穴が開いている証拠なので、しっかりと毛穴を引き締めます。
保水効果の高めな化粧水(セラミド、ヒアルロン酸配合など)でたっぷりと水分補給したり、美白も同時に出来ちゃうビタミンc配合の物もおすすめです。

一般的に毛穴引き締め効果のある化粧水は肌への刺激が強く、アルコール成分が
含まれているものが多いので逆に肌が乾燥しまいがちなので注意が必要です。
どうしても気になる毛穴があれば部分使い程度にしておいてください。

 

5.まとめ

「いちご鼻」を治す方法はいくつもありますが大事なのは「いちご鼻」ができてしまう生活習慣の改善です。
頭では理解できているがなかなか出来ないのが生活習慣の改善です。
なので毎日のお手入れをちょっと変えて「いちご鼻」にさせないよう、毎日やさしくやさしく洗ってください。高価な化粧品を使わなくても、手軽に簡単お手入れできます。